松岡裕三郎

ドイツのシュツットガルトで育成GKコーチをしている本校OBの松岡裕三郎さんがわざわざ挨拶に来てくれました!ドイツから車で5時間。ありがたいです!


オランダ遠征記 その9

本日も怪我人や体調不良者もおらず、1日が終わろうとしています。
本日は午後からは昨日に引き続きトレーニングしていただきました!
明日は午前はトレーニング、午後からはトレーニングマッチとなります。



オランダ遠征記 その8

おはようございます!
こっちは現在11:00になります。
昨日の夜は、サマータイムというなかなか経験のできない日でした。
サマータイムとは、日の長い夏の間、時間を1時間進めて日光を使って電気を節約しようということで、ヨーロッパでも、サマータイムが実施されており、3月の最終日曜日から10月の最終日曜日までがサマータイムの期間になっています。
今現在はオランダ、ドイツ、ベルギーの国境が交わる珍しい場所へ来ています。




※ここが三ヶ国の国境が交わる地点





下に見えるラインが国境です。 ※オランダ側




※ドイツ側





※ベルギー側



午後からは昨日のPSVに行き、トレーニングをしていただきます!

オランダ遠征記 その7

3日目が終了しました。






本日はPSVというプロクラブのコーチから指導を午前、午後受けました。
英語での指導だったので、選手も刺激があっていい経験ができたと思います。
通訳ももちろんありますが、積極的に会話をしようとする姿もありました。
オランダのサッカーは、国土や人口が少ない分、ユース年代の育成には力を入れており、しっかりとした考えのもと選手たちを指導はもちろんのこと管理までしっかりしています。トレーニングのメニューに特別なことはありませんが、サッカーに必要な知識を基盤にそれぞれチーム独自の指導をしています。
特に管理の部分では、日本とは大きく異なり、現地の話を聞くととても勉強になります。
たとえば、たくさん休ませる。
これも意味のない休みではなく、選手のことを考えての休みです。日本では、えっと思いますよね。
でもさぼっているわけではなく、怪我をしないため、ベストコンディションを大会に向けて計画する。そして、成長期である選手への配慮を欠かさない。このようなことがしっかりと研究され、それが多くのチームで実施されています。理にかなっており、オランダ独自の考えのもと国をあげてサッカーに取り組んでいます。


実際に、人種はありますが今日のトレーニングマッチを見てもオランダ人と日本人の同年代の体格を見て、私たちも考えさせられる部分が現地で目の当たりにすると感慨深いものがありました。勉強です。


※本日のトレーニング認定証(選手たちへプレゼントでいただきました)



明日の午後もトレーニングをしていただきます。

選手たちは何を感じて、何を得ようとしているのか。


間違いなく、得れば大きなきっかけになると思います。

体調不良者もおらず、順調です。
おやすみなさい。

※本日の夕食


オランダ試合観戦

オランダで、同じPSVにてTRMがありました。市立船橋対PSV。また、オランダリーグのU-18公式戦もありました。昼休みに観戦しました!







不屈不撓

鹿実サッカー部グッズ販売

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

movie

official partner

オフィシャル・パートナー ナイキ

official sponsor

天然温泉水で育った豚大隅ミート産業

links

鹿実 サッカー部寮

鹿実 FC U-15

VAMOSジュニアサッカースクール

鹿児島GKスクール

ストレングス

鹿実吹奏楽部ブログ「FORWORD MARCH」

オーガニックデザイン(ホームページ制作・デザイン)

最新の記事

過去の記事

mobile

qrcode

others