本気とはナンだろう?

 勝負事にはいろいろな言葉がある。
本気・真剣・必死・頑張る・徹底。。。。。


本気。
辞書を引くと真面目な気持ち。真剣な気持ちとある。
普通に使うこの「本気」

私はこの言葉普通に「本当の気持ち」=「本気」と思う。
※あくまで私の個人的な考えですので参考までに。


本当の気持ち。
先日行われたインターハイ予選。
正直は思い出したくもない。
見たくもない過去。

しかし、私の本気(本当の気持ち)はすでに選手権にあった。
前を見るしかない結果であったし。
試合が終り、何度もビデオを見直し成果と課題を見つけた。
そんなとき、ふと指導者として分析も大切だが選手の本気をしることも大切であると思った。

ミーティングをした。
お前達、ミーティングしたか?

しました。

どんなミーティングだ?

サッカーの・・・

負けた試合を1度も見ることなくか?

・・・・

それが本気と言えるか?

いいえ。


あるコーチがこんなことを言った。
試合に負けてヘラヘラ笑いながら相手の選手と話してましたしね・・・


なるほど。
勝負することより大切なことができていない。

私が主将のとき。
同じく鹿児島城西は最強と言われていた。工業・松陽も。
いつも試合は楽な試合はない。なかった。

いつでも勝ちたいという本気だった。
だから週末の練習試合でも負ければ学校の休み時間。
自宅生は下宿先まで来てミーティング。
時にはケンカもあった。

しかし、暑く長い夏を過ぎたらその成長たるやすごかった。
そこには、技術だの体力だのは一切関係ないと思った。


いかに本気をだすか。


勝負に負けたのは指導者の責任である。
しかし、肝心な選手の1人1人のハート。

本気。


ゆるぎない本気があれば夏を乗り越える時にはきっと。。。。


監督:森下和哉

御礼

 第64回鹿児島県高校総体予選ではほとんどが雨の中、連日の応援ありがとうございました。

補助員の生徒の雨の中のサポート。
保護者の方々のサポート。
サポーターやOBや後援会の方々。


本当に感謝につきます。
ありがとうございました。
内容でみても力の差はあります。


このひと夏。
どう迎えるかが秋へ大きなつながりを持ってくると思います。

「勝者への道のりは己を知りて一歩目」


この差をどう縮め、追い越すか。
課題は山積みです。
1つ1つ。

何より本当に1週間ありがとうございました。



監督:森下和哉

三位決定戦結果報告

※更新が遅くなり申し訳ございません。

インターハイ三位決定戦
鹿実 対 大口

前半
1ー0
得点者
岩下(三年)

後半
2ー0
得点者
二反田(二年)、二反田(二年)

合計
3ー0

会場の訂正

明日の会場は加世田海浜公園人工芝です。

大変申し訳ございません。

明日も応援よろしくお願いします。

明日の三位決定戦

マネージャー:下栗 宗馬

明日は加世田陸上競技場で10時から大口高校とインターハイ予選三位決定戦が行われます。

応援よろしくお願いします。


不屈不撓

鹿実サッカー部グッズ販売

カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

movie

official partner

オフィシャル・パートナー ナイキ

official sponsor

天然温泉水で育った豚大隅ミート産業

links

鹿実 サッカー部寮

鹿実 FC U-15

VAMOSジュニアサッカースクール

鹿児島GKスクール

ストレングス

鹿実吹奏楽部ブログ「FORWORD MARCH」

オーガニックデザイン(ホームページ制作・デザイン)

最新の記事

過去の記事

mobile

qrcode

others